コレクション – Shop of Hokusai | 北斎館ネットショップ

Collections

菊図

赤や黄色、青といった様々な種類の菊が菊が描かれている。 この作品は二幅の掛け軸が一対となって一つの作品となっており、その豪華な姿は見るものを圧倒させている。 菊を立体的に見させるグラデーションを使った描法は、まるで本物の菊を見ているかのような感覚に陥らせるものだ。

龍図

天保15年(1844)、北斎85歳の時、小布施に来遊の折、約半年を費やして東町祭屋台の天井絵「龍」「鳳凰」図を描いた。燃えるような紅の地に龍図、暗い藍を基調とした鳳凰図は対照をなし、中国の陰陽思想に基づいたその明暗が屋台の装飾効果を高めている。

赤富士

北斎の代表作として有名な三十六枚の揃物シリーズで、天保二年に製作された。当時、相当な人気を博したようで、追加の版が出版されている。「凱風快晴」は、富士山だけを描いた本シリーズの傑作で、早朝の富士がその山容を赤く染め、一日の始まりを力強く告げる。これらの作品はヨーロッパ印象派の人々を驚嘆させた。

美人画

生涯を通じて様々なジャンルに筆をふるった北斎は、様々な優れた美人画を残した。ヨーロッパに渡り、高い評価を得たものなど、北斎館では数多くの美人画を所蔵している。

鳳凰図

天保15年(1844)、北斎85歳の時、小布施に来遊の折、約半年を費やして東町祭屋台の天井絵「龍」「鳳凰」図を描いた。燃えるような紅の地に龍図、暗い藍を基調とした鳳凰図は対照をなし、中国の陰陽思想に基づいたその明暗が屋台の装飾効果を高めている。

富士越龍

北斎晩年の肉筆画の代表作の一つ。 雄大な富士峰を超えて、龍が昇天する図柄である。全体に墨絵の筆致で描かれ、北斎独特の幾何学的山容の富士、黒雲を呼び伴い昇天する龍に自らをなぞられる北斎最晩年の心象とみることも可能な一幅である。 この幅、落款に出生の宝暦十年とともに、嘉永二己酉年正月辰ノ日と記されており、絶筆に極めて近い制作になるものとしても注目される。

北斎漫画

「北斎漫画」は北斎の代表的な絵手本画集。初篇は文化十一年(1814)名古屋の永楽屋東四郎が三冊本として出版。 その後江戸の角丸屋が文政二年(1819)十編まで出したが、人気は衰えず永楽屋が続編を出版、明治十一年に十五編をもって完結した。

神奈川沖浪裏

北斎の代表作として有名な三十六枚の揃物シリーズで、天保二年に製作された。 当時、相当な人気を博したようで、追加の版が出版されている。 中でも遠近法の妙味と大波に翻弄されながら、必死に小舟を漕ぐ人間の対比のみごとさを表した「神奈川沖浪裏」は、富士山だけを描いた本シリーズの傑作で、これらの作品はヨーロッパ印象派の人々を驚嘆させた。

北斎と感じる、日本の山々

北斎の作品には、多くの日本の山々が登場します。
8月10日の山の日を目前に、
作品で北斎の山を感じてみませんか??

カート

欠品しています

カートが空です。